fr02_main_amazake

高善商店の甘酒づくり

おいしさも、健康も、甘酒でまるごと。

明治期に建てられた麹室で、麹菌と岩手県産の米だけ仕上げる自社製造の「四日こうじ」。まじりけのない生麹「四日こうじ」を使い、さらに雑穀や果物などと組み合わせることで、高善商店オリジナルの甘酒シリーズを展開しています。信頼できる食材を使い、伝統的な製法で丹念に作った甘酒で、美味しくて健康的な食生活を楽しんでください。

甘酒はからだにいい?

甘酒はからだにいい?

米と米麹だけで作られる甘酒は、総合栄養ドリンクとも言えます。

甘酒には米のでんぷんが糖化してできるブドウ糖をはじめ、代謝を助けるビタミンB群やアミノ酸など、体が必要とする多くのビタミンが含まれています。その成分は、栄養補給に行われる点滴とほぼ同じ効果。江戸時代には、夏場の栄養補助食品として冷やし甘酒が人気でした。しかも、酵素やオリゴ糖は腸の働きを促し、美肌効果も期待できます。高善商店で麹づくりを担当している麹職人も、毎日麹と接しているせいか、色白で肌ツヤが良く年齢を感じさせません。

甘酒はノン・アルコール?

一口に甘酒と言っても、その製法には、米と米麹で作る方法と、酒かすに砂糖などを加えて作る方法の、大きく2つのタイプがあります。酒と名がつくものの、酒粕を素に作った甘酒でもアルコール含有はわずかです。

高善商店で製造・販売している甘酒シリーズは、すべて米と米麹を素とした、米由来の優しい甘さで、まったくのノン・アルコールタイプ。なので、お子様からご年配の方まで気軽に楽しめます。

甘酒はノン・アルコール?
甘酒はどれも同じ?

甘酒はどれも同じ?

製造元によって、甘酒には大きな違いがあります。
使う米は、国産か海外産か。組み合わせる麹は、生麹か乾燥麹か。さらに、添加物や酵素材を加えて大量生産しているかどうか。

高善商店では、全ての材料を岩手県産にこだわっています。また、酵素材は一切使わず、生麹の力だけで仕込むので、糖度とまろやかさが違います。

また、米だけでなく、りんごや雑穀など、岩手が誇る食材との掛け合わせで生まれた商品も多数取り揃えております。甘酒のおいしさをいろいろとお楽しみください。

高善商店の甘酒の主な原材料

  • 四日こうじ(自社製の生麹)
  • ひめのもち(もち米)
  • ひとめぼれ(うるち米)
  • 紫黒稲(古代米)
  • 発芽玄米
  • いなきび
  • うるちあわ
  • うるちひえ
  • もちあわ
  • アマランサス
  • 半もちひえ
  • たかきび
  • はと麦
  • 大麦
  • 乾燥トウモロコシ
  • 黒豆
  • 江刺りんご

全て岩手県産です。

甘酒は飲むだけ?

甘酒は飲むだけ?

甘酒は、飲むだけではもったいない。第二次世界大戦中の食糧難では、砂糖の代わりに重宝された甘酒。料理やお菓子の味付けに使う方が増えています。

高善商店では、ストレートで飲む甘酒の他に、原液タイプもご用意。とろりとした原液タイプの甘酒は、少量でも甘みが強く、調味料として使いやすいと好評です。